お知らせ

南原諏訪社の竹宵

 南原諏訪社の平成29年12月31日の2年詣りは、中年会の方々の協力による竹宵の灯りで幻想的な雰囲気に包まれました。写真の竹宵の奥が社殿、左右の灯りは篝火(かがりび)です。

 甘酒のふるまいもありました。今年の2年詣りにはぜひ来てください。待ってまーす!(^^)!

 

不思議な虹!?

昨日の15時ごろ、水神橋を下久堅に向けて車で走っていると、進行方向に虹が!

 

 

虹が…虹…か?

色は虹だけど、横にある…???

 

少し車を走らせると、再び虹が!

端に止め、まじまじと見てみました。

 

 

違う…虹じゃない…?

でも、七色。だけど、丸いぞ…?

 

グーグル先生で調べてみると、ここ答えがありました。

http://weathernews.jp/s/topics/201611/260065/

 


新年あけましておめでとうございます。
平成30年もよろしくお願いいたします。

さっそくですが下久堅地区新年の会のおしらせです!

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
下久堅地区新年の会

日時:平成30年1月14日(日)13時受付開始
会場:下久堅公民館 大会議室
詳細:開会式 13時30分
講演会 14時
新年会 15時5分
会費:講演会 無料
新年会 1,000円

講演会
講師:山下大輔氏(丸西産業社長・知久平地区在住)
テーマ:「食文化の未来を見つめ、新しい時代を創造する」
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

講演会は申込不要です。ぜひ、新年の幕開けにお越しください!

休館のおしらせ

 

下久堅公民館及び下久堅自治振興センターは、明日29日から来年1月3日まで休館となります。

本年も大変お世話になりました。ありがとうございました。
また来年もよろしくお願いいたします。

 

おかげさまです

いよいよ今年も残すところ10日となりました!

お坊さん(師)も走るほど忙しいから「師走」。気分もせわしく、何をしてもなんだか落ち着かないような、そんな月だと感じます。

さて、いよいよ下久堅公民館に、門松が置かれました!

 

 


これは、知久平在住のH岩さんが平成17年から毎年作ってくださっています。とっても立派な門松です。

そして、自治振興センター内には立派な「金のなる木」が花を満開にしています!

 



これは、下虎岩在住のO島さんが管理をしてくださっていています。夏の間はおうちに持ち帰り、先月の終わりにもってきてくださいました。金のなる木で、これだけ花が咲いているのは珍しいようで(花を咲かせるのは難しいようです)来所される方みなさん感嘆の声をあげられています。

それから先日、知久平在住のH岩さんがひさかたサロンにお花を生けてくださいました。

お花から花器、新聞紙やはさみも持参してくださり、すてきなお花が置かれました。


これらはどれも、地区の皆さんが好意でしてくださっています。本当におかげさまです!ありがとうございます!

楮たくり作業実施中!

 

ひさかた和紙保存会からおしらせです。

 

今月から、ほぼ毎週水曜日の19時から、楮のたくり作業を行っています!

場所は、下久堅公民館のひさかたサロン(入ってすぐのロビー)です。

 

申込は不要、参加費もいりません!

ただし、寒いので、温かいかっこうで来てくださいね。

作業は、2月か3月ころまでやる予定です。年末年始の水曜日は行いませんの、お気を付けください。

 

恥ずかしがりやさんの、公民館主事も、お待ちしとります!

 

13日に招待状をいただいた、下久堅保育園のわくわくありがとうぱーてぃーにおよばれしてきました。

 

ぱーてぃーの会場となったリズム室には、みんなで作った(と思われる)さつまいものかわいい飾りや、机の上には落ち葉を貼り付けてつくったランプシェードなどが飾ってありました。

 

ぱーてぃーでは、ゲストの紹介…そして、園長先生のおはなしのあと、各年齢の発表がはじまりました。

 

最初は、さくらんぼ組(未満児)さんのお歌です。か、かわいい…!

 

次に、めろん組さんとりんご組さん(年少)のクイズ!

みんなマントを着て、ばっちりきまってます。

 

ひんと…「つちのなかにあります!」

「やいてたべます!」

せいかいは…「さつまいもー!」

 

そして、みかん組さん(年中さん)のお歌。みんな一生懸命です。

 

最後に、ぶどう組さん(年長さん)は、思い出や出来事を絵にして発表してくれました。

これは、畑でいろんなお野菜が植わっているところです。

「だいこんのつくりかたをおしえてくれて、ありがとうございました!」

 

発表はこれでおしまい。

次はおまちかねの、れすとらんの時間です!

 

給食を作ってくれた、給食先生から説明をしてもらいます。

 

今日の献立は…

,澆鵑覆念蕕討燭気弔泙い發瞭った、さつまいもごはん(宮脇さんの里山でもらった山栗入り)

△野菜いっぱいの豚汁

G長さんがお料理した、ふろふき大根(給食先生のおいしいみそがかかってます)

いひたし

ダ篤G星爐気鵑任い燭世い拭△蠅鵑

η中さんが育てた、ピーナッツ

ふろふき大根の大根は、年長さんが一生懸命育てて、お料理もしました。

年長さんは今日のこの日のために、おうちで包丁の練習をしたり〔ねこのて〕の練習をしたりと、がんばったそうです!

とってもおいしいだいこんでした♪

 

 

年中さんは、今年度いろんな「おまめ」を育てました。

今日は、その中でもたくさん採れたピーナッツを出してくれました。これまたとっても甘いピーナッツ!すごーくおいしかったです。

 

そして、れすとらんの時に下に敷いてあったランチョンマットと、未満児さんが作ってくれたキノコの名札、年長さんが作ってくれた肩たたき棒、その名も「ありがとう棒」をおみやげにいただきました。

 

保育園のみんな、ありがとうございました♪

招待状が届きました♪

11月13日

下久堅保育園のお友達が、自治振興センターにやってきました。

 

 

なんで来てくれたかといいますと…

この、「しょうたいじょう」を持ってきてくれたのです!

 

中身はと言いますと…

なんときれいな字!

収穫祭「わくわくありがとうぱーてぃー」のご招待でした!

 

そんなわけで、本日21日、保育園に行ってきました!

 

つづきはまた後日

 

JAみなみ信州下久堅支所さんから、遊休田を活用して作ったお米の贈呈の申し出があり、本日贈呈式が行われました。

 

今回お米をいただいたのは、下久堅地区健康福祉委員会と、日赤奉仕団、社会福祉法人あゆみ会の3団体のほか、下久堅保育園の年長さんがお田植えのお手伝いをしたことから、そのお礼として下久堅保育園にも贈呈がありました。

 

健康福祉委員会委員長への贈呈

各区の委員さんを通じて、下久堅地区内の独居高齢者世帯等へお届けします。

 

日赤奉仕団への贈呈

非常用備蓄米として、災害時の炊き出しなどの際に活躍します。

 

社会福祉法人あゆみ会への贈呈

 

 

 

組合員、そして地域の協力が必要不可欠であるJAさんは、自分たちも何か地域のために役に立てれば、という思いをもって12年前にはじまり、JA下久堅支所の職員さんがお米を作っています。

今年度は天候の面でも不安があったそうですが、6俵(365kg)の収穫があり、その収穫米を贈呈していただいています。

 

お米の品種は「風さやか」。”よく噛んで食べると甘味があり、冷めてもおいしい”という、おにぎりに最適の品種だそうです。

11月11日(土)に、飯田市立病院の新宮先生を講師に、健康福祉講演会「今、知りたい!乳がんのこと〜予防と発見、治療まで〜」を行い、38名の方が集まりました。

 

 

そもそも乳がんとはどんな病気なのか、原因や予防方法、検査内容から、乳がんになってしまったときの治療法まで、丁寧にお話しをしてくだり、参加者からは、「とてもわかりやすかった」「検査を受けることが重要と感じた」「早期発見が必要だとわかった」などの声が上がりました。

 

飯田市においても、がんは死因の第1位となっています。
しかし、がんは「不治の病」ではありません。早期発見・早期治療により、治すことができる病気です。
そのためには、がん検診受診が大切です。飯田市では、がんの検診を行っています。詳しくはhttps://www.city.iida.lg.jp/site/kenko/gankenshin.htmlをご覧ください。

 

早期発見、早期治療が重要です。正しい知識をつけながら、ぜひ検診を受けてくださいね。


新着情報

カテゴリ

月別アーカイブ

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

関連リンク

RSS配信中

携帯アクセス

qrcode