和紙原料の皮剥き作業

  • 2019.11.26 Tuesday
  • 09:32

JUGEMテーマ:伝統文化

 早朝から釜の火を入れて約2時間でカジが蒸し上がりました。今日は、下久堅小学校の子どもたち1,3,5年生が樹皮を剥く作業をしました。そして、3年生はカジを刈り取る作業もしました。

 左の写真は、カジを蒸して樹皮が容易に剥けるように仕上がったところです。釜からカジを挙げるとと、白い湯気が立ち上り、子どもたちは口々に「いい匂い」と声を上げました。カジを蒸すと甘いカジの香りが辺りに漂います。

 

 釜から挙げたカジは冷めないうちに皮を剥ぎ取ることが大切です。1年生も3年生も慣れてくると作業が順調に進みました。作業は、あっという間に終わり、3年生は1年生の時に経験しているので、1年生の手本を示してからカジの刈り取り作業に移りました。

 

 3時間目からは、5年生に交代して、カジの樹皮を剥く作業をしました。1,3年の時経験しているとはいえ忘れてしまうことも多かったようですが、慣れてくると手早く丁寧に作業を進めることができました。

 流石に5年生は手早い作業ができ皮剥きの作業の後、カジの剥きとった茎を束ねて片付ける作業まで行うことができました。

 小学校の低学年の時から積み上げてきた経験を活かして、成長している姿を見ることができました。

 作業を一段落すると、カジを蒸すときに一緒に蒸した餅米を全員で味わいました。

 

 

 

 

 カジの香りが程よい甘さとなって、何度も楽しむことができました。

(サムネイルはクリックすると拡大します)

下久堅の宝が日本【世界?】の宝となる日

  • 2019.11.25 Monday
  • 18:01

JUGEMテーマ:伝統文化

 

 左の写真のお二方に大変貴重な情報をいただきました。

 ひさかた和紙の原料は、「コウゾ」ではなく「梶:カジ【梶】」だった可能性が大きい。と云うことでした。「カジ」「コウゾ」の祖先で、「ヒメコウゾ」「カジ」が交配してコウゾが誕生したと云うことでした。古来の和紙の原料は、「カジ」の表皮を使用していたと云うことを教えていただきました。そして、このカジの木を原材料にして和紙を漉いているのは、この「ひさかた和紙保存会」だけではないかということで、ここに取材に来られたようです。

 お一方は北村皆雄氏、もうお一方は妹尾直子氏です。北村氏は、著作やドキュメンタリー映画製作の監督をして活躍されている方です。また、妹尾氏は織物の工芸家で、今回カジを原料に「シズリ」という紙布の製作へ挑戦しておられる方です。

 このお二人が、「ひさかた和紙」が「カジ」を原料にしていると云うことで、古来からの和紙製作技術の伝承をしている製作の過程をドキュメンタリーとして記録撮影に来飯されました。

 最近の紙布の再現は、先ず和紙を漉いてそれを細い短冊に切り、それを縒り合わせて糸を作り、その糸で織っていたのを今回は、和紙を漉かないで、カゾの繊維を長いまま取り出し、繊維を縒り合わせた糸で、紙布を織ることに挑戦すると云うことでした。

 牧野植物図鑑で「カジ」「コウゾ」を調べてみると、よく似ていて俄に判断することが困難なようですが、花を付けた時に、見分けが容易にできるようです。

 「カジ」は、雌雄異株で、「コウゾ」は、雌雄同株ということの違いがあるようです、


 「和紙保存会」の会員も初めての情報で、この和紙の貴重さを見直しております。

 (サムネイル写真は、クリックすると拡大します)
 

和紙の季節が到来

  • 2019.11.24 Sunday
  • 17:19

JUGEMテーマ:伝統文化

前日までコウゾ【カゾ】を刈って皮むきの準備をしました。コウゾを栽培している畑は、2箇所あります。一箇所は、赤カゾと呼ぶひさかた和紙の適したコウゾで、もう一箇所は青カゾと呼ぶ質の良くないものと混在しているようです。コウゾの幹を70cm位に切りそろえて、大きな束にして大釜で蒸します。

 

 

約2時間くらい蒸すと、コウゾの皮が表皮として手で剥けます。その表皮を寒風にさらして、保存します。この日は、3,4回蒸して、皮を剥ぎました。蒸してから時間をおくとせっかく軟らかくなった皮が固くてってしまうので、大人数で手早く作業をします。

この日は、約6人で一日の作業となりました。

 

 皮むきの様子です。

 この後は、表皮表面の薄い黒い膜をとる作業【たくり】へ移します。たくりは結構な労力【一度に大きな力は必要なし】が必要となり、3月上旬まで週1回くらいの作業が続きます。

【サムネイル写真は、クリックで拡大します】

 

 

立冬 天竜川絶景川霧

  • 2019.11.18 Monday
  • 09:19

JUGEMテーマ:自然

 11月上旬から12月頃まで、天竜川に川霧が出ます。早朝日の出と共に、この地区から西岸の市街地を望むと、風越山を中心として雲海の絶景を観ることができます。

 日が昇るにつれて刻々と変化する景色は、この地区で眺めることができる素晴らしい宝です。是非、この時期、早朝に当地区を訪れ、素晴らしい写真を撮られたら如何でしょうか。

 
 

  

出会いは竜東!神之峰トレッキング♪

  • 2019.09.09 Monday
  • 12:10

≪開催日時・場所≫

 令和元年11月4日(月曜日・祝日)10時30分から15時00分頃

 

≪募集対象≫

 男性:竜東地区在住の20〜40歳代・・・8名

 女性:年齢不問・地区内外不問・・・8名

 

≪内容≫

 ・神之峰頂上まで登ります!

 ・クイズを解きながらのトレッキング!

 ・十三の里特製弁当で昼食!

  ※アルコールはありません

 

≪会費≫

 男女共に2,000円

 

≪申し込方法≫

 ・下久堅自治振興センター 筺В横后檻牽娃娃

 ・上久堅自治振興センター 筺В横后檻沓娃娃

 ・龍江自治振興センター  筺В横掘檻械娃娃

 ・千代自治振興センター  筺В毅后檻横娃娃

   (受付時間 平日8:30〜17:15まで)

 メール(事務局代表)ic2427@city.iida.nagano.jp

第61回常会対抗盆野球大会 開催

  • 2019.08.15 Thursday
  • 09:25

JUGEMテーマ:つながる幸せ

 第61回を迎える常会対抗の盆野球大会を今年も開催できました。常会対抗であること、61回を迎える大会であることの意味は大変に大きく、地元の野球人のおじいちゃんからお孫さん、ひ孫さんまで続けてもの方が、今日開催されていると云うことです。嘗ては、常会対抗が出来るような多くのチーム参加でしたが、近年は地区対抗となっています。

 地元の少年野球チームを育てている親世代が順次交代し、次の親世代となり3世から4世の子どもたちが、少年野球選手として身体と心を鍛えています。

 この社会体育としての仲間育ちが、下久堅地域の絆の一つを担い消防団、壮年団、女性部、シニアクラブ等の繋がりを作っています。その意味では、この盆野球の意義は大きいものがあります。
 毎年8月15日という固定した日を開催日として、地域のスポーツマンの皆さんは楽しみにしています。今年は、全チームのトーナメント戦ではありますが、2回試合を戦う等にして、試合時間1時間、イニングが5回までの形式をして、参加したチームが楽しめるようにしました。参加チームの活躍が輝いていました。
 

マゲーシャの元結いで

  • 2019.08.05 Monday
  • 07:08

JUGEMテーマ:夏だ!

 伝統とされる「ひさかた和紙」を元結いに使ったオリジナルグッズ「マゲ−シャ」(ちょんまげ+カチューシャ)を身につけ、市民の夏祭り「飯田りんごん」へ下久堅連として小学生達も含めて参加しました。

 男性の殆どは頭上に付け、女性は手首に付けてしっかりと踊りました。昨年一昨年連続でりんごん大賞をいただき、すっかりとその気で挑戦しました。

 

 飯田ケーブルテレビのインタビューや地方紙「南信州新聞」にも掲載いただきました。話題性は十分にあり、参加した地区民も「元結い」の名称とおり「結い」で気持ちを揃え、マゲーシャをピカピカ輝かせながら踊り歩きました。
 今年も素晴らしく揃った踊りを披露することが出来ましたが、残念ながら入賞を他の連に奪われてしまいました。参加した皆さん、マゲーシャを企画し、製作に関わられて皆さん本当にお疲れ様でした。
 

救急救命法講習会

  • 2019.07.24 Wednesday
  • 19:07

JUGEMテーマ:つながる幸せ

 まちづくり委員会健康福祉委員会の主催で、7/24に救急救命法の実技講習会が開かれました。飯田消防署の救命資格を持つ講師の先生から、テキストに基づいて、心停止の予防、早期認識と通報、一次救命処置、二次救命処置等について講義形式で学びました。AEDの機能や役割について、素人にも分かるように質問を受けながらの講演で、最後まで自分のこととして聴講することが出来ました。

 

 講義が終わると人形を使って、胸骨圧迫と人工呼吸によるによる心肺蘇生法を演習を含めて学習しました。ー囲の安全確認 反応の確認 119番通報と協力者の依頼 じ撞曚粒稜А´ザ珊圧迫 人工呼吸 AEDの使用 AEDの使用と心肺蘇生の継続 という手順に沿って、各段階毎に実技演習を行いました。実技演習の最後にグループ全員で活動中に心停止状態にあると思われる方を発見した想定での演習を行いました。これは、大変に有効な演習となり、万一遭遇した場合の心構えとなりました。
 そして、最後に気道に異物を詰まらせた場合の対応や振替っての質問等にお答えいただき、講習会が終了となりました。

 救命法は数年ごとに心肺蘇生法が少しずつ変わり、AEDの仕様も少し変化しているようで、それに応じて講習の指導内容も変わっているようです。3〜5年くらいに1度は講習を受ける必要があることを感じました。
 

「りんごん」を盛り上げよう

  • 2019.07.24 Wednesday
  • 18:21

JUGEMテーマ:伝統文化

 人形劇の町「飯田市」に恒例となった夏祭り「飯田りんごん」があります。市内各地区や企業、団体等から踊り連を組織して参加する市民の祭りです。ここ下久堅は、昨年、一昨年と二年連続の賞をいただき、地区へのエネルギーをいただきました。

 そこで、今年は嘗て全国を風靡したひさかた和紙の元結いを使ったチョンマゲ擬きを身につけ、祭りを盛り上げることにしました。
 そこで、先ず試作品を身につけて、「りんごん」の練習をしました。身につけた姿は、凜々しく変身した方やもう少しの方もおり、大変にユニークな身支度となっています。姿は兎も角、夜祭りですので、目立つために「マゲーシャ」(チョンマゲとカチューシャを組み合わせた造語」の中に、LEDの豆球を仕込み工夫もしました。
 総勢100名近くの連の参加者が、全員付けて参加し、祭りの賑わいに少しでも貢献できれば良いと考えています。「踊る阿呆に、見る阿呆、同じ阿呆なら笑わにゃ、ソンソン・・・・・」的な参加になるかもしれませんが、しっかりと練習の成果を出し切って、今年も大賞目指して頑張ります。
 

令和元年度市政懇談会が開催されました。

  • 2019.07.18 Thursday
  • 17:19

 7月17日(水)に市政懇談会が飯田市と下久堅地区まちづくり員会の共催で開催されました。天候不順ではありましたが、地域の皆さんの協力で地域の課題を共有でき、充実した市政懇となりました。

 今年度の市政懇は、3部構成で行いました。

 1部は市長から飯田市政運営の方向について、説明いただきました。続いて、小学生2名の市政への提言と、本年後初めて中学生による「下久堅の未来」というテーマで中学生3名で考えた地域への想いとその実現のための提案の発表を行いました。

 2部は、市政のテーマの中心となっている「田舎へ還ろう戦略」について、Iターンで地区内に住居を構え、農業経営をされている二人の方から現状と市政への提言を発表していただきました。
 そして、3部はフリートーキングということで、三人の方から地域の実践に基づいた市政への提言をいただきました。時間が押してしまい、発言を控えていた方々もおりましたが、今後の市政に活かすため「やらまいか」意見箱に投稿いただくことで、懇談会を終了と致しました。地域の皆様、市長さんをはじめ市職員の方々には、大変にお疲れ様でした。
 

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM