火起こし体験活動

  • 2020.09.21 Monday
  • 17:15

JUGEMテーマ:つながる幸せ

 下久堅地区の若者グループ「未来塾」のメンバーが、子どもと家族を中心に「火起こし体験」教室を9月20日に開催しました。未来塾とは、下久堅の地域を知り、その良さの再発見・再確認等を通して、良さを磨くと共に、地域をより良くしていくための活動をしている在住の若者達のグループです。

 火起こし体験は、自然を楽しむ大事な手段として、火を身近にする活動でした。10組の子どもを含む家族を中心とした仲間が地区在住のメンバーが講師役で、体験講座を開いていました。マグネシウム着火剤(マグネシウムファイヤースターター)からの火起こしを体験していました。発火した火で「スェーデントーチ:ウッドゥキャンドル」に火を灯しました。コロナ禍でアウトドア指向がより拡がりつつある現在、楽しみ方の手段が1つでも2つでも増える事を期待しての開催でした。

 親子で一緒になって着火したスェーデントーチでマシュマロ焼を楽しみました。スェーデントーチとは、その発祥はフィンランドという説もあり、かがり火が起源だと云うことです。丸太に溝を数本切り、その中心に着火剤を仕組んで点火して熱源として利用する物です。市販もあるようですが、下久堅では製作過程も体験できそうで楽しみが多くなりそうです。

 
 

 

放課後子ども教室再開

  • 2020.07.15 Wednesday
  • 09:25

JUGEMテーマ:幸福に生きる

 7月に入って待ちに待った放課後子ども教室を再会しました。コロナ禍で4月当初の開会予定が大きくズレこみ、やっと7月に開会出来ました。毎月の第2火曜日は図書館の先生をお願いして「読み聞かせ」をしていただいています。

 14日【火】は、図書館の先生が絵本と紙芝居のセットも持って教室近くまで来ると、待ちかねた子どもたちは一斉に飛び出していきました。

 そして、読んでいただく本や紙芝居のセットを抱えて教室へ入りました。先生の手伝いをしたようです。如何に子どもたちが読み聞かせを待ち望んでいたかが分かりました。

 読んでいただいたのは、紙芝居で「けちくらべ」読み聞かせでは、「わたしくわがた」という絵本と「おかっさま」という飯田弁の会話が弾む絵本でした。

 「けちくらべ」は、ケチを自慢する二人の主人公がどれだけ自分のケチさが凄いのかを自慢するお話でした。「わたしくわがた」は、クワガタムシが語るクワガタムシの生活を子どもたちに分かるように描いたお話でした。そして、「おかっさま」は、飯田弁でお嫁さんのことです。幼なじみの二人が将来一緒になろうという話で、登場人物の台詞は全て飯田弁で語っていました。飯田弁の良さを再認識するほのぼのとしたお話でした。


 

放課後子ども教室

  • 2019.06.27 Thursday
  • 10:16

JUGEMテーマ:つながる幸せ

 

 下久堅には、児童クラブのほかに「学校の空き教室」を利用した放課後子ども教室があります。登校日のの週4日間の開設で、下久堅にはまちづくり委員会をはじめ住民ボランティアがスタッフとして、子どもたちの世話をしています。入室したら受付を済ませて、宿題にとりかかり終わったどもたちから自由に遊びます。

 
 今年度は、受付を済ませると云われなくても全員の子ども達が、宿題に取りかかります。学校・保護者の指導が徹底してきました。中には、年上の子が宿題の分からないところを教えている姿を見て見かけることが多くなりました。
 高学年の子ども達が入室し、参加児童が揃ったところで始めの会を行ないます。その日の活動やスタッフの話を聞いてから、自由な活動に入ります。今日は、校庭の砂場で団子虫を採集している子どもがいました。
 低学年部の子ども達は、鉄棒に掴まったりタイヤの上を飛び回ったりして遊んでいました。
 高学年は、近所の子どもや児童クラブに所属している子どもたちと一緒にサッカーボールで遊んでいました。
 低、中、高学年が一緒に軟らかいボールで野球同様なゲームをしていました。
 

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM