お知らせ

小正月の餅花飾り

今日の下久堅は雪降りです。小正月といわれるこの時期、柿野沢の三石政司さん宅に、年中行事として続けている小正月飾りがあると聞いて見せていただきました。

三石さん宅の玄関前のにゅうぎ飾りも立派と思いながら、入らせていただいたお座敷には…

3枚の掛け軸(蚕、案山子、農夫を表す)の前には、立派な餅花飾りが。今年はご夫婦と一緒に、ご近所の小学生も誘って飾り付けを13日に行ったそうです。
約5時間かかって、竹につけた餅花の数はおよそ1万個(米3升分)とのこと!三石さんはこういう年中行事を大事に続けていて、この日の朝は「成木責め」という、柿の豊作を願う儀式も行ったなど、他にもいろんなお話をお聞きする事ができました。

昨年12月25日の放課後子ども教室でも、子ども達におやすづくりを指導していただきました。「自分が子どもの時から、親と一緒に続けて、身につけてきた当たり前の事。自分の目の黒いうちは必ず続けていく」とおっしゃる三石さん。

下久堅には昔から受け継がれる暮らしの知恵がたくさんあり、それを後生に伝えようという想いを持つ先輩方がたくさんいる事を改めて再認識できた日となりました。

※お知らせ
 お餅といえば、柿野沢地区では地元米を使った柿野沢餅が特産です。切り餅だけでなく、「三色餅」という商品もあり、2月頃に「三色餅」は飯田合同庁舎で2日間に渡り、出張販売される予定があるそうです。

 
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

新着情報

カテゴリ

月別アーカイブ

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

関連リンク

RSS配信中

携帯アクセス

qrcode