【御柱特集22回目】里曳き1晴天の祝福

  • 2016.04.02 Saturday
  • 13:01

知久平諏訪神社 御柱祭
平成28年申年326日(土)において、里曳きが斎行されました。

出発前、宮本常会と舟渡常会主催の子供へのお菓子袋配り。↓

8:00諏訪神社にて、中山邦彦祭典委員長より役員へ向けての出発挨拶↓。

『皆さんの行いが良いおかげで、このような晴天になりました。

本日、皆様各々が各々の分担に向けて、そのお力を存分に発揮される事、よろしくお頼み申し上げます。

そして御柱祭(みはしらさい)を大いにたのしもうではありませんか!!』

晴天の祝福の中、御柱が前へ進む。






宮内稠(しげみ)宮総代長の御言葉、

『人口減少、少子化の中、御柱祭がこの様に受け継がれている事は大きな感動であり、誇りであり、喜びであります。』

公式パンフレットより抜粋。

正午頃には更に陽の輝きが強くなりました。小春陽に包まれた舟渡常会↓


里曳き2へつづく

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM