お知らせ
 5月26日(木)に、1年生と5年生が、ふるさと学習の一環でトロロアオイと水稲の栽培活動を始めました。その活動に、下久堅子ども応援隊から、「ひさかた和紙保存会」と、「子丑会」の皆さんが、応援にかけつけました。
1年生は、和紙を製造するための糊の役目をする植物トロロアオイの種を蒔きました。

会長平岩さんが、6年生が卒業証書を漉いている写真を提示し、和紙の作業を説明しました。

副会長久保田さんから、トロロアオイの種をいただきました。

今年は、畑ではなく、観察が容易にできる底が深いプランターに種を蒔きました。
 5年生は、田植えをしました。今年は貸していただく田んぼが増え、去年の倍の広さとなりました。
そこで、子丑会の方が予定の時間内に作業が終わるように、前日に機械で隣の田んぼに植えてくださいました。それでも、手植えをする広さは、それよりもやや広い田んぼでした。

5年生は、晴天で、強い日を受けていましたが、もくもくと活動し予定通りの1時間で作業が終わりました。

苗を子丑会の方にどんどん投げ込んでいただき、手早く植えていました。

苗の畝が曲がらないように、紐を目印にして植え込んでいました。
 餅米とうるち米をほぼ同量の田んぼに分けて植えました。今後の手入れ次第で収穫量に影響があります。例年の栽培によって収穫量が年ごとに増えてきたということでした。今年の秋が楽しみです。



 
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

新着情報

カテゴリ

月別アーカイブ

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

関連リンク

RSS配信中

携帯アクセス

qrcode