お知らせ

 8月6日飯田りんごんの日に、午後1時から知久平公民館が開催する夏祭りが行われました。

今年も下久堅小学校「4明座」が、学習として取り組んできた人形劇「はなさかじい」の実演がありました。下久堅小学校では、飯田の世界的なイベントとして人形劇フェスタ実行委員会が取り組んでいる「人形劇フェスタ」に、4年生がクラスで参加しています。

 知久平公民館夏祭りイベント第1部は、その「4明座」の公演でした。今年は、公民館から派遣された人形劇の講師の先生に3回のご指導をいただいたほかに、多くの時間を使って取り組んできました。

 人形の使い手と、語り部を順次交代して全員が分担し、発表しました。昔話として有名な、「はなさかじい」で、最後には沢山の花を咲かすことが出来、会場が盛り上がりました。

 子どもたちのご家族が、大勢参観に来ておられ大盛況でした。

地区の夏祭りとして、楽しい的当てゲームかき氷などの販売ブースもあり、子どもも大人も大いに楽しんでいました。

 第2部は、上田を本拠地にして活躍されている腹話術サークル「笑いのヮ」ヒロ・タッキーの腹話術エンターテイメントショー「愉快な仲間たちがワイワイがやがや」の公演でした。大変に工夫され熟練された腹話術で、素晴らしいショーでした。最後は、会場のお一人の方が人形となり、「聖者が町にやってくる」の曲に乗ってお椀と茶碗で、実演し会場が笑いの渦に包まれました。

 第3部は、「ひさかたちょんかけごまクラブ」による世界で一番難しいコマ回しの実演でした。400年前から熊本県の肥後に伝わる熊本市無形民俗文化財「肥後ちょんかけごま」をここ下久堅の子どもたちも、取り組んできました。今年も、小学生ばかりではなく中学生、高校生にも名人芸を披露していただきました。定例会と夏休み10日間の猛特訓の成果を見事に披露していただきました。

 肥後ちょんかけコマを回すようになることは容易でないようですが、根気強く取り組むことで、集中力や根気強さなど、心の成長が期待出来るようで、舞台の子どもたちの真剣な表情や姿勢が見事でした。

 

 

 

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

新着情報

カテゴリ

月別アーカイブ

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

関連リンク

RSS配信中

携帯アクセス

qrcode