お知らせ

公民館委員の研修旅行

 下久堅公民館委員の皆さんが、和紙の保存継承や公民館活動を他の地区から学ぶ、研修旅行を11月20日に行いました。

和紙の保存普及を日常的に行っている「小原和紙」とホタルの育生を中心に地域活性化をしている土岐市鶴里地区に出かけました。

当日の豊田市小原地区は、紅葉真っ盛りの中「四季桜」が満開に近く素晴らしい紅葉と桜が一行を迎えてくれました。

先ずは、小原和紙の紙漉き体験をしました。溜め漉きという技法で30センチ方形の紙を漉き、落ち葉や切り絵を漉き込み、其処に色のついた液を掛けて、思い思いにデザインした和紙を漉きました。

次は、土岐市鶴里に展開している「鶴里ホタルの里づくりの会」活動を講演いただきました。約10人の皆さんが平成7年から20年以上にわたって、毎年カワニナを増殖しながら小学校や地域の方の協力を得てゲンジボタルを生育してこられた活動でした。昨年度は、それの活動が文科省から認められ、H27年度全国優良公民館表彰を受賞しました。

紙漉きやホタルの生育を根気強く継続している活動に、下久堅公民館委員さんも強く刺激を受けました。

 移動バスの中では、分館長さんや正副部長さん方の会話も弾み、公民館委員さん同士の輪も拡がり、これからの公民館活動に確実に繋がる研修旅行となりました。

 

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

新着情報

カテゴリ

月別アーカイブ

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

関連リンク

RSS配信中

携帯アクセス

qrcode