お知らせ

今年3月に行われた御柱祭のアルバムが発刊されました。年内には知久平区民に販売されます。下久堅自治振興センター図書館にも寄贈される予定です。

1400枚の写真が掲載されていて、過日の熱気がそのまま甦ってくる内容です。

<冒頭ページの祭典委員長挨拶文>

 平成二十八年三月において郷社知久平諏訪神社御柱祭が晴天の祝福の下、盛大に挙行されました。今回は虎岩第一組合の藤井良計氏から御柱を奉納賜りました。

 知久平内外の多くの皆様方の御厚意と御参画をいただきまして、過去に例を見ない成功を得ましたことに心からなる御礼を申し上げます。

 

 前回に引き続き、下久堅全体で関わる大祭にしようというテーマを持って臨み、三月十三日の山出しでは虎岩第一組合様を筆頭に虎岩区全体のご協力を賜り、二十六日の里曳きには、下虎・南原・柿の沢・小林・稲葉の方々の御参加と御見分が多く見られました。まさに“オール下久堅”へ、御柱祭にとってターニングポイントを迎えたと言えるでしょう。

 

 さて、写真集発刊において多くの方々の御協力を頂戴しました。

 特に天竜峡尾曽写真館の尾曽久元様には広報担当者からの度重なる相談に対し丁寧な御対応をして下さり、写真集の完成に至りました。

 

 木遣り唄の轟とどろき・引手衆の高揚・若き梃子衆の躍動、そして子ども達の光る笑顔など、これらの写真を眺めていますと御柱祭は我々の郷土にとって無二の“誇り”であります。

 

 次世代を担う方々にお願いがございます。

 江戸時代天保元年より百八十六年続く御柱祭を次回、次々回、さらにその先へと継承なさって下さいます事を何卒お願い申し上げます。御柱の“誇り”そして諏訪神社崇信を護りながらも、御時世の変化に併せて形や手法を変えていく事は吝やぶさかではありません。

 

 私には夢があります。

 未来において、この写真集に在る様な老若男女の輝く笑顔が蘇り、いつの日か御柱祭が下久堅全区の皆様方にとっての“ 誇り”であると認めて下さる日が来る事であります。

 

 最後になりますが、祭典委員会各位様・各団体様の準備ご尽労に対しまして、心からの敬意と感謝の意を表しまして、ご挨拶とさせて頂きます。

 

平成28年11月吉日

御柱祭祭典委員長 中山 邦彦

 

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

新着情報

カテゴリ

月別アーカイブ

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

関連リンク

RSS配信中

携帯アクセス

qrcode