お知らせ

 

旧下久堅公民館では ”なんじゃもんじゃ” の花が見ごろを迎えています。

 

 

 

白くてふさふさっとして、栗の花のような…藤を小さくしたような…そんな花がたーくさん新緑に混じって咲いています。

 

ところで、”なんじゃもんじゃ”ってなんじゃ??

と思われる方もいらっしゃると思いますので、木の下にありました解説看板をご覧ください!

  ↓↓

 

 

なるほど、”なんじゃもんじゃ”は俗称(別名)で、植物名は”ヒトツバタゴ”という木のようです。

 

植物名と別名が、だいぶかけ離れた名前ですが、これは「木の名前がわからなかった」ことから”なんじゃもんじゃ”と呼んだことが始まりだとか。(花がもじゃもじゃしているから、というわけではないようです!)

 

絶滅危惧種にも指定され、日本では長野県のほか、愛知県・岐阜県・九州の対馬でしか生息してないようです。

 

詳しくは筑波実験植物園HPに掲載されています。

http://www.tbg.kahaku.go.jp/recommend/illustrated/result.php?p=3&mode=easy&season=5a&order=staff&name=%E3%83%92%E3%83%88%E3%83%84%E3%83%90%E3%82%BF%E3%82%B4

 

 

写真を撮っているそばから、はらはらと花が落ちてきていました。

花が咲いているうちに、ぜひ実物を見に来てくださいね。

 

 

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

新着情報

カテゴリ

月別アーカイブ

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

関連リンク

RSS配信中

携帯アクセス

qrcode