お知らせ

桜のタネをまきました

 

下久堅で桜の保存活動をしている桜ふぶき会が、下久堅小学校3年生と桜のタネまきをしました。

 

この活動は、小学校の真ん前にある「梶曲輪の桜(かじくるわのさくら)」の保存活動をきっかけに平成19年度から始まり、今回が10回目となります。このタネが、植えた3年生が卒業するときには苗木になり、記念樹としてそれぞれのおうちに行き、地域が桜色に染まれば、という願いが含まれています。

 

直前まで大雨が降っていましたが、奇跡的に雨がやみ、とてもよいコンディションの中で行うことができました。

 

 

桜ふぶき会の平沢会長と、校長先生にごあいさつをいただいたあと、さっそくタネまき開始です。

 

みんなにタネを配ります。

 

このタネ自体も、3年生が今年の春に採取しました。

 

班ごとに分かれて、指導を受けます。

 

まず、タネをならした土の上に置きます。

 

その後、やさしく土の中に埋め込みます。

 

 

タネが全部まけたところで、みんなでプランターを運びます。

 

 

そして、たっぷりと水をあげます。

 

自分で植えたプランターがどれかわかるように、枝を刺したり、つるを置いたり、工夫しています。

 

タネまきのあとは、質問タイムです。

 

子どもたちからは、

 

・梶曲輪の桜は300年の歴史があるそうですが、下久堅小学校も300年前からあったんですか?

・どんな理由で、梶曲輪の桜を植えたんですか?

・花が咲くまでに何年くらいかかりますか?

 

などの質問が出ました。

桜ふぶき会の会員さんと、桜守さんは、丁寧に答えていきます。

 

梶曲輪の桜に関して、箕輪町にも梶曲輪の桜と同じ「エドヒガンザクラ」の1000年ものがあります。知久氏の殿様は諏訪から来たようなので、殿様が諏訪から持ってきたのかもしれない、という仮説があるそうです。

 

 

 

みんな一緒に、たのしく桜のタネまきができました!

今日まいた桜が咲くのは、これからおそらく7〜8年後だそうです。

 

 

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

新着情報

カテゴリ

月別アーカイブ

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

関連リンク

RSS配信中

携帯アクセス

qrcode