第二の「人生」模索中

  • 2017.10.04 Wednesday
  • 08:42

旧公民館の解体工事に伴って、中の書類や備品などは、新公民館に運んだり、地区のみなさんに引き取っていただいたり、すでに第二の人生(物生?)を歩み始めたものもあります。

 

さて、公民館入り口にあった、下久堅のマーク(小学校の校章)は取り外し、新公民館に保管しています。

写真にもありますが、けっこう大きいんです!大きさもさることながら、重さなんと4キロ!

(4キロというと…2リットルのペットボトルが2本…1キロのお砂糖が4袋…1円玉が4000枚…でしょうか)

 

裏側を見ると、ところどころ金色に光っている部分があります。

今でこそ、黒ずんで歴史を物語るような色ですが、本当は金色に輝いていたことが想像されます。

 

このマークは今、第二の人生をどうするか、模索しています。

もしかしたら、ふいに新公民館のどこかに表れているかもしれませんし、ひっそりと余生を過ごすかもしれません。

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM