7月の読み聞かせ

  • 2019.07.10 Wednesday
  • 19:08

 毎月第2木曜日は、絵本の読み聞かせの日です。この日も読み聞かせアドバーザーを長くお願いしている橋爪先生が、何冊かの本を用意して講読していただきました。用意していただいた本の中から子どもたちは、2冊の本を選び「大泥棒のヌースト」「そこつ長屋」の本を読んでいただきました。
2冊目の「そこつ長屋」のお話は、落語を絵本にしたもので、「そこつ」とはマメでそそっかしいという意味だそうです。その長屋の住人の「くまさん」が主人公で、本人が知らないうちに自分自身が行き倒れになり、自分自身の死体と会話するお話でした。

 

 

 読み聞かせの先生の軽快で分かりやすい語りで、子どもたちは落語の世界にひきづり込まれ、絵本の世界に浸っていました。橋爪先生、毎月お世話様になります。ありがとうございました。


 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM