和紙原料の皮剥き作業

  • 2019.11.26 Tuesday
  • 09:32

JUGEMテーマ:伝統文化

 早朝から釜の火を入れて約2時間でカジが蒸し上がりました。今日は、下久堅小学校の子どもたち1,3,5年生が樹皮を剥く作業をしました。そして、3年生はカジを刈り取る作業もしました。

 左の写真は、カジを蒸して樹皮が容易に剥けるように仕上がったところです。釜からカジを挙げるとと、白い湯気が立ち上り、子どもたちは口々に「いい匂い」と声を上げました。カジを蒸すと甘いカジの香りが辺りに漂います。

 

 釜から挙げたカジは冷めないうちに皮を剥ぎ取ることが大切です。1年生も3年生も慣れてくると作業が順調に進みました。作業は、あっという間に終わり、3年生は1年生の時に経験しているので、1年生の手本を示してからカジの刈り取り作業に移りました。

 

 3時間目からは、5年生に交代して、カジの樹皮を剥く作業をしました。1,3年の時経験しているとはいえ忘れてしまうことも多かったようですが、慣れてくると手早く丁寧に作業を進めることができました。

 流石に5年生は手早い作業ができ皮剥きの作業の後、カジの剥きとった茎を束ねて片付ける作業まで行うことができました。

 小学校の低学年の時から積み上げてきた経験を活かして、成長している姿を見ることができました。

 作業を一段落すると、カジを蒸すときに一緒に蒸した餅米を全員で味わいました。

 

 

 

 

 カジの香りが程よい甘さとなって、何度も楽しむことができました。

(サムネイルはクリックすると拡大します)

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM