トロロアオイ(和紙の原材料の1つ)の花満開

  • 2020.08.06 Thursday
  • 18:19

JUGEMテーマ:伝統文化

 下久堅公民館(下久堅自治振興センター)の駐車場で栽培しているトロロアオイ(ハナオクラ)が満開を迎えています。トロロアオイはその根を収穫して、其処から抽出した粘液でコウゾの繊維を固めるための和紙の製作では大変重要な材料です。別名ハナオクラと呼ばれ、オクラのそっくりです。その花は、根の成長を促進するために結実しないように摘花してしまいます。ハナオクラと呼ばれるだけあって、花を酢の物や天ぷらにして食用にします。花自体もアオイ科の仲間で大きく淡黄色で見事です。

 和紙保存会では、昨年公民館ホールで天ぷらにした花を訪れた地域の皆さんに試食していただき、好評を得ました。今年は、コロナ禍の中でどのように地区の皆さんに楽しんでいただく企画ができるか思案中です。

 下久堅公民館公民館に来られましたら、見事な開花をご覧ください。

 下久堅小学校では、一年生が南校舎校庭側で同様に育てています。夏休み中で水の管理も大変ですが、成長の姿を是非ご覧いただきたいと思います。

 
 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM