お知らせ

 ひさかた和紙保存会では、下記のように「箸ぶくろを作ろう」体験講座を開催します。

コウゾ100%の「ひさかた和紙」の丈夫さとしなやかさを直接体験してください。

 下の写真は、新成人の皆さんが作成した5つの作品です。

  • 日時 8月20日(土) 午後7時〜
  • イベント対象 だれでも参加が可能  子どもの場合は、保護者同伴
  • 場所 下久堅公民館 中会議室
  • 材料費 一人500円
  • 持ち物 はさみ、定規、糊、鉛筆など
  • 申込締切 8月10日(水)
  • 申込・問合せ先 下久堅公民館 近藤主事: 0265(29)8001
  • 参加は事前に上記へ電話等で、氏名や連絡先と人数をお知らせください。

 大勢の皆さんの参加をお待ちしています。 

公民館玄関ホールの展示

 公民館とJA下久堅支所を結ぶ玄関通路があります。以前から其所に、地区有志の方が盆栽や銘石を展示して楽しませていただいています。今回は、イワヒバ等を展示して楽しませていただいています。

 このようにイワヒバを直立した状態に仕立てるには、高度な技術と多くの年月が必要とのことです。

 斑の入ったイワヒバがあるのだそうです。

 季節は「梅子黄」、清涼感を感じさせていただいています。

 

 

感謝 包丁研ぎ

昨夜(6/15)に公民館へ行きますと、調理室に明かりがついておりました。文化部長さんがせっせと包丁を研いでくださっていました。

 先日の文化部会で、『調理室の包丁が切れなくて危険』という意見があり、早速行動に移してくださいました。お勤めが終わってから公民館に来られ、深夜10時までお一人で研いでくださいましたが、1日では無理なようで頭が下がりました。

感謝です。ありがとうございました。下久堅に対する篤い気持ちがある方が大勢居られます。
 

新年の会のお知らせ

新年あけましておめでとうございます。
恒例の「新年の会」を1月17日(日)13時から下久堅公民館で開催します。
新春講談会として、多摩川精機株式会社の熊谷秀夫氏をお招きして、話題の「MRJの取組と自動車・宇宙産業について」講演をしていただきます。関係企業にお勤めの若い世代の方に是非ご参加いただければ幸いです。地域産業の実情を学びながら、皆で明日の下久堅を語り合いたいと思います。地域の皆さんのご参加をお待ちしております。

皆さんにとって良い1年となりますように。今年もどうぞよろしくお願いします。
毎年、この時期にお世話になっている“柿野沢餅”を買いに柿野沢餅加工センターに行ってきました。

今日の下久堅は快晴で暖かい陽気ですが、加工センター内では柿野沢のお父さん達が餅作りに大忙しでした。

柿野沢地区では地元産の餅米でお餅を作って販売する取り組みを続け、毎年この時期は白、草、豆の3種類の餅と鏡餅の注文販売を行っています。

飯田市内でも先進的に取組始めた集落営農組織「柿野沢営農組合」の”餅加工部会”(宮内勇治 部会長)が中心となり、“柿野沢餅”の商品化や営業も頑張っていて、市役所や地方事務所、地元農業高校などからも注文がされるようになりました。

つきあがった餅を伸ばし、カットしたものを袋詰めするのは、柿野沢のお母さんの仕事で、地域みんなで美味しいお餅づくりに取り組んでいます。毎年、注文も増えていて、頑張る柿野沢のお父さん、お母さんの笑顔につながります。

皆さんも是非、”柿野沢餅”食べてみてくださいね。
※地区行事の餅投げは毎回”柿野沢餅”にお世話になっています。

公民館の大掃除

毎年恒例の公民館の大掃除を公民館委員の皆さんが行いました。毎月、登録されている各種団体の皆さんにお願いしている事業ですが、年末ということで窓拭きを中心に普段の掃除では手に入りにくいところの掃除をしていただきました。

図書館でもスタッフの皆さんが総出で掃除をしていました。

公民館が採光に配慮した造りになっていますので、その分窓が多く高いところもあり危険を伴う場面もありました。

この日には、日赤奉仕団下久堅支部の皆さんに、大地震に備えて、調理室の食器棚の窓に飛散防止フィルムを張っていただきました。

掃除をしたことで明るい公民館が益々明るくなり、気持ちよく新年を迎えることが出来ます。
参加をいただきました皆さん、お疲れ様でした。ありがとうございました。

 
ひさかた和紙とカンボジアをつなぐ活動があるNPO団体とのご縁で、下久堅公民館を会場とした特別イベントが開催されます。多くの皆さんのご来場をお待ちしています。

日時:平成27年12月23日(水)9:30〜16:00
場所:下久堅公民館
内容:「マルシェ」とは市場という意です。いろんな企画が予定されています。
   ・カンボジアのクメール伝統織物研究所などの活動紹介、展示、物販
   ・ひさかた和紙保存会の活動紹介
   ・ひさかたに縁のある鎌倉正之先生の絵画展示、販売
   ・パン屋さんやお肉屋さんの美味しい物販売
   ・ハンドメイドクラフト、雑貨、衣類の出展 など お楽しみが盛り沢山
    ※売り上げの一部がカンボジア支援活動に使われます。
主催:NPOふるさと南信州緑の基金
協賛:ひさかた和紙保存会  後援:下久堅公民館
 秋の深まりを感じるキクを見事に福助仕立てにした鉢が、公民館「ひさかたサロン」に並びました。作者は桐生道夫さんです。この公民館が新しくなって以来、もう1年にもなります。すっと、【ひさかたサロン】に盆栽や山野草の鉢植えを毎週取り替えながら展示していただいています。
 今回は、下記のような見事なキクの展覧会です。

拡大してみました。

栽培方法の説明書もあります。説明書は、持ち帰りいただけます。

来年は挑戦してみましょう。来館の際は、是非鑑賞をいただきたいと思います。

花も見事ですが、葉の色も素晴らしいです。
桐生さん 今回も誠にありがとうございました。

公民館のひさかたコーナーで、知久紀子さん(知久平)のレザークラフト作品が展示されています。皆さん是非観に来てください。
今年喜寿となられた方々から下久堅小学校へその記念として、ブロンズ像「ひさかた」の愛称を決定し、その命名式が10月7日に全校児童の前で行われました。

ブロンズ像は児童玄関前にあり「ひさかた」との題がつけてありましたが、今回愛称を全児童と学校の先生方に募集して「みらい」という名前に決まりました。

姓は「ひさかた」名は「みらい」ということになるのでしょうか。このブロンズ像は、喜寿を迎えられた皆さんの当時の担任林きよかず先生の作品で、現在の校舎が建設された記念として昭和57年に制作されたものです。

命名式では、寄贈された方を代表して、三石さんが像の制作に関わってのお話をされました。

 

新着情報

カテゴリ

月別アーカイブ

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

関連リンク

RSS配信中

携帯アクセス

qrcode