お知らせ

本日、8月31日は「やさいの日」です。

 

 

唐突ですが「トロロアオイ」という植物をご存知でしょうか?

 

下久堅が誇る「ひさかた和紙」の材料のひとつがトロロアオイです。

 

和紙の原料としてまず挙がるのは「楮(こうぞ)」という、くわ科の植物です。楮をゆで、外側の固い皮をむき、内側の繊維質状の部分をこれでもかというほどたたいて綿と見間違うほど柔らかくします。

しかし、それだけでは紙になりません。

 

その綿と見間違うほど柔らかくなった楮の“つなぎ”として、トロロアオイが使われます。楮とトロロアオイ、そして水を加えてとろとろにし、やっと紙を漉く段階になります。

(以上、ひさかた和紙保存会事務局の下久堅公民館・近藤主事にご教授いただきました!)

 

 

 

さて、ここまでで、一切野菜に関して話題が出ていないことは、重々承知しております。

何が野菜がらみなのか、気になって仕方ない方もいらっしゃると思います。

 

トロロアオイは、夏に白に黄色がかった花が咲きます。

 

 

 

この花が、オクラの花にそっくり、ということで別名「花オクラ」と呼ばれ、食べることができるんです!

(ググると、おひたしや、酢の物、天ぷらのレシピが出てきます)

 

ずいぶん前に食べたことがありますが、やっぱりねばねばして、とろとろしていました。(味が思い出せません…)

 

ちなみに「花オクラ」と「オクラ」は別のものだそうで、オクラの花を改良して食べられるようにしたものが「花オクラ」だそうです。

 

 

 

下久堅地区では、かつて地域の主要産業であった「ひさかた和紙」の保存継承に取り組んでいます。

ひさかた和紙保存会の協力のもと、ひとりでも多くの方に「ひさかた和紙の優れた点やその命名の由来」等やその保存活動に関わる人たちを、知っていただく機会となるように企画しました。どうぞ、お気軽にお越しください。

 

【内容】

,劼気た和紙の歴史や現在までの伝承に関わる取組

現在のひさかた和紙保存会の活動

「ひさかた和紙の里づくり」に向けたこれからの取組

 

 遊休農地の一部へ毎年ひまわりを植えており、今年も6月下旬に植え付けしたひまわりがご覧のようにきれいな花をつけました。

 梅雨の影響か、丈は例年より短めですが、ひまわりは頑張って東を向いて咲いています。

 今年は道路面にマリーゴールドの黄色、真ん中に葉ケイトウの赤、奥にひまわりの黄色を配し、草丈も小中大となるように植え、センスの光る花壇ができました。

南原区

 

 

飯田りんごん2017

8月5日 飯田りんごんに下久堅地区が参加しました。

虎岩区のみなさん

 

知久平区

 

柿の沢区

 

下虎岩区(「下虎の方々すいません」カメラマン)

 

 

南原区

 

小林区

 

市長と握手↓

 

↓『審査員特別賞』受賞アナウンスの時↓

 

皆様お疲れ様でした。御身体に気を付けてよい夏休みをお過ごしください。

 

いいだ人形劇フェスタがはじまりました!

 

今年のテーマは「きらめく夏 魔法の笑顔」

今日から6日までの6日間の開催です。

 

玄関前がフェスタ仕様に〜↓

 

 

下久堅公民館も、今日さっそく公演があります。↓

 

 

ただいま公演の真っ最中ということで、レポートがまた改めてあるかも…!?

 

 

下久堅地区の公演は以下のとおりです。

 

上演日
開演時刻
上演会場 劇団名 作品名

 

8月1日
10:00
下久堅公民館 劇団むう むうのむかしばなし2
8月5日
9:00
下虎岩コミュニティー消防センター げきだんはてな

モグちゃん空をとぶ

コミックパネル「うかりひょん」他

8月5日

13:00

知久平研修センター わくわくちびっこ劇団 大きなかぶ

 

 

知久平研修センター 人形Shimohiy's たぬきばやし

 

 

知久平研修センター ひさかたちょんかけごまクラブ 空とぶちょんかけごま

8月6日

10:00

南原構造改善センター こじっちょ

「ねずみくんのチョッキ」

おべんとばこ 他

 

 

南原構造改善センター 人形劇団赤とんぼ ムジナと小坊主
8月6日
10:00
虎岩交流センター 劇団 にんぎょう畑

3歳からのらくご人形劇「もと・いぬ」

腹話術「ねずみのチュー吉」

8月6日
13:00
柿野沢区民センター けこみ座 ともだちや/サーカスのライオン

 

 

柿野沢区民センター とうふねこ座 きつねこやのどんぐり

 

http://www.iida-puppet.com/thisyear/program/index.html ←見づらい方はこちらへ

 

なお、自治振興センターでは、ワッペンの販売もしています。

公演プログラムや、ガイドブックもまだまだ在庫があります(無料)

お気軽にお越しください。

 

なつだ!

 

咲きました!

 

人形劇フェスタも、りんごんももうすぐですし、いよいよ夏本番ですよ〜

 

 

7月5日 下久堅地区第9次基本構想策定委員会

 

市政懇談会に引き続き、5日には来年度(2018)から5年間の道しるべとなる

下久堅第9次基本構想の策定が始まりました。

 

2013〜2017年度 第8次基本構想↓

http://www.shimohisakata.com/file/dl.cgi/%E4%B8%8B%E4%B9%85%E5%A0%85%E5%9C%B0%E5%8C%BA%E5%9F%BA%E6%9C%AC%E6%A7%8B%E6%83%B3.pdf?download=2

 

 

5日の策定委員会では、各地区の区長さんや各種団体長さんなどなど、100名を超える委員さんが集合しました。

 

そして、基本構想策定にあたり、いのいちばんにしたこと。それは…

「下久堅の歌」斉唱!

 

市政懇談会でも、まずはこの歌を斉唱しました。

大きな会議や、運動会でも、必ずこの歌を斉唱して始まります。

 

そして、基本構想策定に向けた進み方の説明がありました。

100名を超える委員さんは、5つの部会にわかれます。

・地域振興部会

・生活安全部会

・健康福祉部会

・環境保全部会

・教育文化部会

 

それぞれの部会で、部会長さんなどの役員さんを選出し、部会ごと2015年に実施した中間評価を基に、第8次基本構想を振り返るところからスタートです。

 

これからの下久堅のこと。

 

9月から稼働する稲葉クリーンセンター。リニアや三遠南信道など、環境の変化がたくさんあります。

この下久堅を、もっともっとよくしていきたい。

でも、もともとあった下久堅の”いいところ”も無くしたくない。

 

いろんな想いがつまった構想になるはずです。

今後、各部会での作業や地区の方へのアンケート調査などを行います。

 

下久堅地区第9次基本構想は、来年(2018年)の3月までに完成の予定です。

 

 

 

 

 

7月4日 下久堅地区市政懇談会

台風の影響で土砂降りの中、市政懇談会が行われました。

もしかしたら、役員さんしか集まらないのでは…という若干の懸念もありましたが、なんと92名の参加がありました!

 

 

詳細は、市HPにレポートが載っていますので省略(笑)させていただきますが、載っていない部分のことを少し。

 

 

・懇談会の前には…

女性部のみなさんによる桜茶のふるまいがあり、季節外れの桜を楽しみました。

この桜茶は、下久堅に咲く八重桜を女性部のみなさんが一輪一輪丁寧に摘み、塩漬けにしたもの。塩気の中にあるほのかな甘さと、湯のみの中に咲く桜の花が、とてもいい味を出しています。

 

・市長は年賀状は毎年必ず…

ひさかた和紙を使用しているそうです!

相手がひさかた和紙のことを知ってても知らなくても、ひさかた和紙を使用している、とのこと。そうやって”ひさかた和紙”を世間に発信してくださることは、大変うれしいことだと、地区の方もよろこんでいました。

 

・下久堅小学校の児童の発表では…

平岩慧太くんと、池田菖くんのふたりが発表してくれました。ちなみにふたりは、児童会の会長さんと副会長さんです。

ふたりとも、緊張のおももち…

ですが、はっきりと、そしてしっかりした話し方で、下久堅に対する素直を気持ちを発表してくれました。

平岩くんは「自転車専用ロード」と「室内運動場」池田くんは「テニスコート」と「室内プール(むしろ、サンヒルズにそのまま来てほしい!)」を作ったら、もっと下久堅がよくなる!と考えています。

じゃあ、もし優先してひとつ作るとしたら、どっち?という教育長からの質問に、ふたりは真剣に相談…ごにょごにょ

その結果、平岩くんは「室内運動場」池田くんは「室内プール」という回答が出ました。

どの施設も、すぐには実現できないかもしれませんが、ふたりの”下久堅をもっともっといいところに!”というまっすぐで素直な気持ちが、とっても伝わってくる発表でした。いつまでも下久堅を大事にしてもらいたいです。

 

 

さて、どの発表にも、参加された方全員が真剣なまなざしを送り、耳を傾けていました。

 

小学生ふたりと同じように、これからももっと地区をよくしていきたい。

そして、自分たちの子どもや孫や、そのまた子どもや孫の世代がいつまでも下久堅で幸せに、心地よく過ごせるように。

あの場所にいた全員が ”今” のことだけではなく ”未来” を見つめていたように感じました。

 

 

 

 

下久堅地区市政懇談会詳細はこちらをご覧ください↓

http://www.city.iida.lg.jp/soshiki/34/29simohisakatasiseikon.html

 

2017年も半年が終わり、折り返し地点です。

そして、あっという間に7月も一週間が終わりました。

 

さて、7月の第一週にあった行事ごとは…

 

 3日(月)社会を明るくする運動 公開ケース研究会(@竜丘公民館)

 4日(火)下久堅地区市政懇談会(@下久堅公民館)

 5日(水)下久堅地区第9次基本構想策定委員会(@下久堅公民館)

 

の3つです。少しずつ、本当に少しずつですが、レポートをします。

 

7月3日 社会を明るくする運動 公開ケース研究会

今月は”社会を明るくする運動 強調月間・再発防止月間”です。

 

公民館の入口にも、桃太郎旗を設置してあります♪

(右の白い旗です。ちなみに左は、井伊亀之丞の旗)

 

この研究会は、飯田地区保護司会を中心とした、社会を明るくする運動飯田市推進委員会が実施しています。

毎年、中学校単位で順々に開かれており、今年度は緑ヶ丘中学校地区(松尾・竜丘・下久堅)の番とのことで、竜丘公民館には3地区の保育園、小・中学校、先生、まちづくり委員会、民生児童委員、更生保護女性会、保護司、自治振興センター職員などが参加します。

 

この日も総勢60名(うち20名弱が下久堅関係)の参加があり、6班に分かれて、研究会のために設定された少年非行ケースを基に、各家庭において、お子さんに携帯電話(スマートフォン)を持たせる場合に注意したいことや、未成年の非行に対して家庭・学校・地域で何ができるかなどについて意見を出し合いました。

 

 

社会を明るくする運動、詳細はこちらをご覧ください↓

http://www.moj.go.jp/hogo1/kouseihogoshinkou/hogo_hogo06.html

 

 

目でも鼻でも楽しめる

 

ひさかたサロンでは『ひさかた今昔物語第三編』の刊行を記念した展示を行っています。

 

その名も…

「ひさかた今昔物語第三編刊行に寄せて」!!

 

 

 

今昔物語に挿絵を描いてくださった、下久堅出身の画家・滝沢具幸さんと、小林地区在住の画家・宮井啓江さんご協力をいただき、今回の展示が実現しました。

 

足を止められる方がたくさんいらっしゃいます。どの方も「すてき〜…(ため息)」と言ってじっくり、そしてうっとり見られています。

そして、この夏をもって取り壊しが決まっている旧公民館を主事さんが片付けていたところ、昭和63年に発刊された『ひさかた今昔物語第一編』の表紙と裏表紙の木版画(森獏郎さん作)を発見しました!

第三編が発刊されたタイミングで発見されるとは、不思議なものを感じます。この作品も、合わせて展示しています。

 

 

 

なお、第三編↑と第二編は、下久堅公民館で販売をしております。

窓口に来ていただければ1冊500円です。(遠方の方はお問い合わせください)

 

 

 

今公民館内には、桐生道夫さんが飾ってくださった”コクチナシ”の花がとても甘い香りを漂わせています。

 

 

ぜひ合わせてご覧ください。目でも鼻でも楽しめるなんて、最高ですよ〜


新着情報

カテゴリ

月別アーカイブ

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

関連リンク

RSS配信中

携帯アクセス

qrcode