お知らせ

芽がでました

 

6/1にまいた、ひまわりとコスモスの芽がでました!

 

 ↑ひまわり

 

 ↑コスモス

 

ひまわりは、まいた全部のタネから芽が出ました。

コスモスのほうは、3つのプランターのうち、1つのプランターから芽出ている状態です。鳥に食べられちゃったのかなあ…

 

どの芽も、とってもちいさくてかわいらしいです。

梅雨に入りましたが、雨にも負けず、風にも負けず、大きく育ってほしいです!

 

 

 

 

タネをまきました

 

空いたプランターがあったので、出来心で花のタネをまきました。

 

ミニひまわりと、

 

コスモスの2つ。(袋に土がついているのは、目印としてプランターにさした後だったからです…)

 

草むしりは長年経験していますが、園芸自体は初心者なのでインターネットに頼りながら、育てやすそうな、それでいて咲く時期が少しずれたらいいなーなんて思いながら花を決めました。

図書館の開館日でしたので、入口付近で土をかやかやいじっていると、学校帰りに図書館に来た子どもたちに「なにしとるのー?」「なに植えとるのー?」と聞かれたり、中にはお手伝いしてくれる子もいて、大変助かりました。

 

 

センター入口のJA側の柱の下に、ひまわりプランター2つ

 

大会議室側の柱の下に、コスモスプランター3つ置いてあります。うまくいけば2週間ほどで芽が出るかなと思います。

水のやりすぎと、やらなさすぎに注意して育てます。まずは夏に、ひまわりがちゃんと咲きますように!

 

 

5/25

あいにくの雨模様の中、第20回ツアー・オブ・ジャパン南信州ステージが開催されました。

 

自治振興センターには、朝から、市民の方・市外(と思われる)の方数名から

「今日は雨が降ってるけど、やりますか?」というお問合せがありましたので、

「雨でもなんでもやりますに〜」というお応えをさせていただきました!

 

9:15 周回スタート。

 

90度のターンポイント三反田(さんたんだ)には、保育園の年長さん(と思われます)と、小学校の5年生が応援に来ていました。

5年生は全員おそろいの黄色いTシャツ姿。先生の「フォーメーション!」の号令で並び替えていきます。

よく見ると、全員の胸には大きなアルファベットが…

 

 

なんて書いてあるのか、考えていてもラチがあきませんでしたので直接訊いたところ、

「"ALLEZ!(アレ)" だに!」

「"行けー!"とか"がんばれー!"って意味な!」

と元気よく教えてくれました。

 

 

とかなんとかやっているうちに、自転車が来ました!!

 

「あ!来たぞ!」「うわー!すげー!」「わー!わー!」

みんな叫びます。

 

 

ものすごい速さで自転車がいっぱい来ました!

みんなさらに叫びます!「わー!はえー!」

 

 

首の動きが追いつきません。とにかく速い!路面の濡れも、なんのその!

後を追う車も、追いつけ追い越せ引っこ抜け!という感じでしたが、中にはにこやかに手を振ってくれる方もいました。

 

先頭から最後尾が通りすぎるまで、時間としたら1分あったかどうかというところでしたが、みんな元気よく、大きな声援を送っていました。

 

 

 

 

山岳ポイントを越えた下虎岩の絶景ポイントでは、選手が一目散に下っていきます。

 

晴れてたら、すごーーーく景色がいいんですよ♪

 

 

「ンシャアアアアアアーーーーー」というよりも「ンSyaaaaaaaaa‐‐‐‐‐」という音を出しながら、選手が下っていきます。

 

 

速すぎてピントが合いません!

 

サポート車も、はやーーーい!

 

 

さて、自転車ももちろんですが、忘れてはいけません

南信州ステージといえば「焼肉」です!

あいにくの雨だって、肉を焼きます。晴れてても、曇ってても、焼かなきゃTOJじゃない!

 

あるお宅では、近所の方々とともに、コース下にある所有のぶどう畑の一角で焼肉大会を開いていました。

ダンディな地区の方が「寄ってきなよ〜」と声を掛けてくださいました。

(このとき自転車が来ていたので、たまたま人がいませんでしたが、とってもにぎやかでした〜)

 

そして、美人奥様が、これまたおいしそうなお肉(千代幻豚だそうです!)を焼いてらっしゃいました!!

ありがとうございました!お邪魔しました!

 

 

毎年恒例のTOJ。

全国を見回しても、住んでいる地区を自転車レースが行き交うところはそうそうありません。

本当に貴重で、光栄なことです。

そして下久堅の方々は、自転車を見て応援する楽しみのほかにも、肉を焼く楽しみ、そして、仲間と集い楽しむ日と認識していらっしゃいます。もはや南信州ステージを満喫するプロと言っても、過言ではありません!

 

 

今回はあいにくの天気でしたが、来年はぜひ晴れてほしいものです!

来年に向けて、さっそく観戦ポイントの予習を始めたいと思う、今日この頃です。

いよいよ明日は

 

全国的に暑いとは言え、下久堅もやっぱり暑い!初夏とは思えない暑さです!!

 

さて、いよいよ明日に迫りました、TOJ。

 

気になるお天気はというと、Yahoo天気予報によると、なんと曇時々雨!

選手の安全確保はなによりも大事ですし、焼肉観戦にも支障が出てしまいます…。

昨日までの快晴からは予測できない天気ですが、たとえくもりでも、雨が降らないことを祈ります。

 

さて、下久堅自治振興センターには、TOJに関わる3種類の印刷物(刊行物?)が設置してあります。

 ひとつめ 南信州ステージのちらし(左上)

 ふたつめ 南信州ステージ観戦マップ(左下)

 みっつめ TOJ公式プログラム(右)

 

 

毎日のように「TOJのパンフレットとか、ある?」というお問い合わせをいただきます。

その中でも一番人気は、大きく20と書いてある、公式プログラムです。

入荷予定がありますので、ご入用の方はお早目にお越しいただくか、飯田市観光課(0265-22-4852)までお問合せください。(無料です)

 

また、観戦マップには「観戦を楽しむコツ」や「観戦ルール」、交通規制情報などの案内も載っています。

 

これらの詳しい情報は、

・南信州ステージ公式HP

http://www.city.iida.lg.jp/toj/

 

・TOJ公式HP

http://www.toj.co.jp/

 

にも掲載されていますので、ご覧ください。

 

さて、いよいよ明日が本番です。

ルールを守って、楽しく観戦しましょう!

観戦ルール→http://www.toj.co.jp/?tid=100987 要チェック!

そして、雨が降りませんように!!

 

 

 

−−下久堅周辺の交通規制情報ーーーーーーーーー

・周回コース(よし乃亭すぐの信号〜下久堅内)

  9:15〜13:50頃

・フィニッシュコース(よし乃亭すぐの信号〜水神橋〜松尾総合運動場付近)

  12:05〜13:50頃

 

−−周回コース沿線の駐車場情報ーーーーーーーー

*交通規制中の車の移動はいっさいできません*

・下久堅運動場(約200台)※臨時駐車場

・下久堅親水公園マレットゴルフ場(約150台)

もうすぐTOJです!

 

いよいよTOJ…つまり、ツアー・オブ・ジャパンが迫ってきました。

 

ツアー・オブ・ジャパンとは、1982年から1995年まで開催された「国際サイクルロードレース」を継承する、国内最大規模の自転車レースで、今年20回目を迎えます。

 

大会自体は、21日(月)から始まっており、大阪〜京都〜岐阜〜長野(南信州)〜山梨〜静岡〜東京の8コースを毎日駆け巡ります。

南信州ステージは「大会屈指の山岳コース」と言われ、下久堅周回コース12.2劼10周するのに加え、周回コースを抜けてゴールまで1.6劼旅膩123.6劼鮗請します。

 

 

さて、現在下久堅公民館の”ひさかたコーナー”では、TOJに関する展示を行っています。

 

 

鬼気迫るあんな写真やこんな写真

疾走感あふれる一枚や

真剣なまなざし

勝負が決まる直前の一枚

はたまた、かわいい応援の姿などなど…

当日までに見ておきたいものばかりです!

 

これを見れば、さらに当日が楽しみになってきますよ〜

 

 

 

 

旧下久堅公民館では ”なんじゃもんじゃ” の花が見ごろを迎えています。

 

 

 

白くてふさふさっとして、栗の花のような…藤を小さくしたような…そんな花がたーくさん新緑に混じって咲いています。

 

ところで、”なんじゃもんじゃ”ってなんじゃ??

と思われる方もいらっしゃると思いますので、木の下にありました解説看板をご覧ください!

  ↓↓

 

 

なるほど、”なんじゃもんじゃ”は俗称(別名)で、植物名は”ヒトツバタゴ”という木のようです。

 

植物名と別名が、だいぶかけ離れた名前ですが、これは「木の名前がわからなかった」ことから”なんじゃもんじゃ”と呼んだことが始まりだとか。(花がもじゃもじゃしているから、というわけではないようです!)

 

絶滅危惧種にも指定され、日本では長野県のほか、愛知県・岐阜県・九州の対馬でしか生息してないようです。

 

詳しくは筑波実験植物園HPに掲載されています。

http://www.tbg.kahaku.go.jp/recommend/illustrated/result.php?p=3&mode=easy&season=5a&order=staff&name=%E3%83%92%E3%83%88%E3%83%84%E3%83%90%E3%82%BF%E3%82%B4

 

 

写真を撮っているそばから、はらはらと花が落ちてきていました。

花が咲いているうちに、ぜひ実物を見に来てくださいね。

 

 

今年もひさかた和紙紙漉き体験会を行います。

ひさかた和紙は下久堅産の楮とトロロアオイ100%にこだわって作られています。

性質上、紙漉きは冬の寒い時期に限られます。

また、今年の夏から紙漉き小屋が改築されるため、完成するまで約2年間紙漉きができなくなります。

初めての方や、おひとりでも大丈夫!

保存会の会員がお手伝いします!

もちろん、ご家族、お友達とお越しいただいても、大歓迎です。

ご自分で漉いた和紙は2枚(A3サイズ)プレゼントします!

 

日時:第1回 3月 5日(日)10時から

   第2回 3月12日(日)10時から

場所:旧下久堅公民館紙屋(旧下久堅公民館の裏側)

主催:ひさかた和紙保存会

参加費:下久堅住民は無料(地区外.の方は500円)

 

3月3日(金)に下久堅小学校4年生が卒業証書を漉きました。

保存会員に手をかりながら、一生懸命紙漉きを頑張りました。

 

 

 

 

1月29日(日)に公民館体育部主催の「第10回冬季スポーツ大会」が下久堅小学校体育館で開催されました。

今年度最後の体育部事業となりますが、昨年を上回る18チーム、約140名以上の方にご参加いただきました。

開会式では、昨年の優勝チーム南原UG、準優勝チーム南原Aよりトロフィーの返還が行われました。

 

準備体操後、4コートに分かれていよいよ対戦です!

子どもから大人まで和気あいあいと競技が行われていました。

どのチームも声を掛け合い、助け合い、励ましあいながら返球されていました。

「ワンバウンド!」「惜しい!」といった言葉が飛び交います。

得点が入ると、応援席からも拍手がおこります。

 

今年度の優勝は下虎Cチームの皆さんになりました。

松本公民館長よりトロフィーが授与されました。

準優勝は下虎Bチームの皆さんです。

3位は南原UGチームの皆さんとなりました。

おめでとうございました。

寒い中、たくさんの方にご参加いただき、参加者の皆さんのご協力のもと怪我もなく開催することができました。

本当にありがとうございました。来年度もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

新年、明けましておめでとうございます。

平成29年に入り、早速、毎年恒例の書き初め教室を公民館で行いました。

1月5日(木)朝9時から、寒い中、たくさんの小中学生が参加してくれました。

 

開会後、平沢義郎先生から、書き初めのコツを教えていただきました。

教えていただいたことを踏まえて、早速、書き初めを行いました。

一字一字、丁寧に、真剣に筆を持つ姿が印象的でした。

「学校で書いた時よりも、上手くかけた気がする」との感想をいただけました。

最後に、参加いただいたみんなで記念写真を撮りました。

後ろには、今日書いた素敵な作品が並んでいます。

作品については、公民館のひさかたサロンに展示しております。

公民館にお越しの際は、ぜひ、御観覧ください。

 

昨年は大変お世話になりました。

本年も公民館活動に、ご理解ご協力を、何卒、よろしくお願いいたします。

今年3月に行われた御柱祭のアルバムが発刊されました。年内には知久平区民に販売されます。下久堅自治振興センター図書館にも寄贈される予定です。

1400枚の写真が掲載されていて、過日の熱気がそのまま甦ってくる内容です。

<冒頭ページの祭典委員長挨拶文>

 平成二十八年三月において郷社知久平諏訪神社御柱祭が晴天の祝福の下、盛大に挙行されました。今回は虎岩第一組合の藤井良計氏から御柱を奉納賜りました。

 知久平内外の多くの皆様方の御厚意と御参画をいただきまして、過去に例を見ない成功を得ましたことに心からなる御礼を申し上げます。

 

 前回に引き続き、下久堅全体で関わる大祭にしようというテーマを持って臨み、三月十三日の山出しでは虎岩第一組合様を筆頭に虎岩区全体のご協力を賜り、二十六日の里曳きには、下虎・南原・柿の沢・小林・稲葉の方々の御参加と御見分が多く見られました。まさに“オール下久堅”へ、御柱祭にとってターニングポイントを迎えたと言えるでしょう。

 

 さて、写真集発刊において多くの方々の御協力を頂戴しました。

 特に天竜峡尾曽写真館の尾曽久元様には広報担当者からの度重なる相談に対し丁寧な御対応をして下さり、写真集の完成に至りました。

 

 木遣り唄の轟とどろき・引手衆の高揚・若き梃子衆の躍動、そして子ども達の光る笑顔など、これらの写真を眺めていますと御柱祭は我々の郷土にとって無二の“誇り”であります。

 

 次世代を担う方々にお願いがございます。

 江戸時代天保元年より百八十六年続く御柱祭を次回、次々回、さらにその先へと継承なさって下さいます事を何卒お願い申し上げます。御柱の“誇り”そして諏訪神社崇信を護りながらも、御時世の変化に併せて形や手法を変えていく事は吝やぶさかではありません。

 

 私には夢があります。

 未来において、この写真集に在る様な老若男女の輝く笑顔が蘇り、いつの日か御柱祭が下久堅全区の皆様方にとっての“ 誇り”であると認めて下さる日が来る事であります。

 

 最後になりますが、祭典委員会各位様・各団体様の準備ご尽労に対しまして、心からの敬意と感謝の意を表しまして、ご挨拶とさせて頂きます。

 

平成28年11月吉日

御柱祭祭典委員長 中山 邦彦

 


新着情報

カテゴリ

月別アーカイブ

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

関連リンク

RSS配信中

携帯アクセス

qrcode