お知らせ

公民館委員の研修旅行

 下久堅公民館委員の皆さんが、和紙の保存継承や公民館活動を他の地区から学ぶ、研修旅行を11月20日に行いました。

和紙の保存普及を日常的に行っている「小原和紙」とホタルの育生を中心に地域活性化をしている土岐市鶴里地区に出かけました。

当日の豊田市小原地区は、紅葉真っ盛りの中「四季桜」が満開に近く素晴らしい紅葉と桜が一行を迎えてくれました。

先ずは、小原和紙の紙漉き体験をしました。溜め漉きという技法で30センチ方形の紙を漉き、落ち葉や切り絵を漉き込み、其処に色のついた液を掛けて、思い思いにデザインした和紙を漉きました。

次は、土岐市鶴里に展開している「鶴里ホタルの里づくりの会」活動を講演いただきました。約10人の皆さんが平成7年から20年以上にわたって、毎年カワニナを増殖しながら小学校や地域の方の協力を得てゲンジボタルを生育してこられた活動でした。昨年度は、それの活動が文科省から認められ、H27年度全国優良公民館表彰を受賞しました。

紙漉きやホタルの生育を根気強く継続している活動に、下久堅公民館委員さんも強く刺激を受けました。

 移動バスの中では、分館長さんや正副部長さん方の会話も弾み、公民館委員さん同士の輪も拡がり、これからの公民館活動に確実に繋がる研修旅行となりました。

 

11月15日(火)に飯田市赤十字奉仕団役員さんと下久堅分団役員の皆さんが、子どもたちの利用が多い学習室の窓に飛散防止フィルムを貼ってくださいました。

先ずは、窓の大きさを測り、フィルムを無駄なく使うためのレアウトから始まりました。無駄を無くすための設計図を事前に縮図で用意されており、的確に設計が進む見事な作業でした。

次は、次からは分団の役員さん方で実施することを前提に、飯田市の役員さんが作業の手本を見せてくださいました。

そして、分団の皆さんが他の窓のフィルム貼りをしました。

最後は入口の窓にフィルムを貼り約4時間の作業で、万一地震が起きても窓ガラスが割れて飛散しない安全な学習室になりました。ご奉仕いただきました皆さん、本当にありがとうございました。

 

囲碁ボール大会開催

11月13日(日)に公民館体育部・育成部の共催でH28年度囲碁ボール大会を下久堅小学校体育館を会場に開催しました。当日は、環境美化活動(ゴミ0)、飯田市レディースバレーボール大会の日と重なってしまいましたが、シニア世代から小学校・保育園の子どもたちまで21チーム64人の方に参加をいただきました。

先ずは、スポーツ推進員によるゲームの説明から始まり、優勝、5目賞・4目賞・3目賞の獲得を目指して奮闘しました。

6リーグでの優勝争いを行い、参加された方々は真剣な中にも歓声も上がり、楽しみながらゲームをしていただきました。

この大会では、5目賞を1チームが獲得し、優勝チームの6チームの中では、小学校6年生仲良しチームの「小ブタチャンC」が、最優秀賞となり賞状を獲得しました。優勝されたチームおめでとうございました。そして、参加された皆さん、お疲れ様でした。ありがとうございました。

 放課後子ども教室は、毎週4日開講しています。毎月第2火曜日は、本の読み聞かせやお話をしていただいています。講師の先生は、飯田市立図書館の下久堅図書分館の運営スタッフの皆さんです。11月8日は、橋爪さんと斉藤さんが来られて、楽しいお話を読んでいただきました。

 

 クイズ形式を取り入れた読み聞かせで、子どもたちはすっかり本の虜となっていました。

 講師の先生の質問に元気の答える子どもたちです。

 続いて、絵本の読み聞かせです。体を乗り出して聞き入っていました。

 子どもたちの興味関心を最優先に、深く楽しい読み聞かせを工夫して図書館スタッフの皆さんに毎月お願いしています。本当に感謝です。

御柱をみにいこう!!

10月18日(火)、乳幼児学級「ぽっかぽかいちご」のみんなで御柱をみにいきました。

天気が心配でしたが、曇っていた空が明るくなってきたので、予定通りお散歩に行くことにしました。

道には、紅葉した葉っぱが落ちていました。

知久平諏訪神社に到着です!今年の3月に行われた御柱祭の御柱を発見!

橋爪和子さんが、神社のお話をしてくださいました。

神社にある大きな御神木です。

中は空洞になっていて、上から光が射しています。

トトロの木だ!3人入っても大丈夫!

最後まで、天気も崩れず行ってくることができました。

公民館に帰ってきて、絵本を読んでもらいました。

0.1歳の子でもなじみやすい、擬音の絵本です。

読書の秋です!このほかにも、ハロウィンの本や、柿の絵本など、図書館に展示してあります。

ぜひ図書館へお越しください。

 

 

 10月10日体育の日に、第65回竜峡地区少年野球大会が下久堅運動場で行われました。

10月10日で、連日の雨が上がり絶好のスポーツ日和となりました。今年は、近隣のチームが8チーム参加しました。朝8:30から第1試合が破字ましました。今年度の対外試合の初めての大会でしたが、下久堅少年野球クラブの「下久堅ファイターズ」は、7−3で実力のあるチームに勝ち、見事に2回戦に進むことができました。

 2回戦は、7−7の引き分けとなって9人のジャンケンで勝敗を決めることになりました。ジャンケンも8人目までが4対4で最後の9人目の選手が勝ち、決勝戦へ進むことが出来ました。チームの力はジャンケンの運までも、味方に付けました。

 

 そして、決勝線も点を取ったり取られたりの、攻防で息を呑む熱戦が続きましたが、立派な優勝となりました。おめでとうございました。この成果を次の練習に繋げ、生かして行くことが出来ると良いと思いました。

 参加された選手保護者の皆さん、監督さん大変にお疲れ様でした。大会を運営された役員の皆さん大変なお世話になり、ありがとうございました。

 10月8,9日に渋谷区の皆さんが飯田市を訪れ、座光寺地区と柿野沢地区の皆さんとの交流を行いました。

 平成12年から東京都渋谷区の中幡小学校の子どもたちが、どんぐりの苗を柿野沢の山に植える活動を続けています。今年は、40人ほどの皆さんと交流しました。「しぶやの森を育てる会」の皆さんは、毎年柿野沢で拾ったクヌギの実(どんぐり)を持ち帰り、3年間育てています。その苗を数十本も今年も持って来られ、「どんぐり山」に植えました。

 今年は、小学校3年生の皆さんも数人一緒になって植えていました。

 9日の朝方は雨が激しく降り、定植の実施の可否を心配しましたが、参加された方々の行いが良いのか、植えるときは雨が上がり地面も柔らかく、水分も適度にあり定植には絶好の条件となりました。

 10年経ったどんぐりの木は、直径が10センチ位の太さとなっていて、炭焼きには適した太さとなっていました。どんぐり山の世話をしている宮内さんは、「将来炭を作るのもいいなあ」と、話されていました。皆さんのどんぐりへの思いが、苗をスクスクと育てていました。

 

 去る10月6日に恒例となっている下久堅城趾保存会と史学会下久堅支部の合同研修旅行が行われました。

 今年度は、井伊谷の知久守頼縁の龍漂寺と来年のNHK大河ドラマの井伊直虎の龍雲寺、名跡長篠城趾を尋ねました。

 歴史に残る長篠の戦いの徳川と織田の連合軍と武田氏の合戦の資料がある保存館も興味深く見学することが出来ました。

 龍漂寺では、僧侶の説明をじっくりとお聴きしました。

 知久氏縁の龍雲寺は山門に続く白い石庭の海、流れ下る見事な瀧の庭が印象に残りました。

 今年も日本史の名跡を尋ね、一同満足の研修でした。お世話になりました下久堅城趾保存会の役員の皆様に感謝です。

 

 

 

 

 

 10月2日(日)に例年のように小林の秋季祭典が行われました。

 今年は、近隣の地区のギター同好会に来ていただき、往年の名曲を披露していただきました。

 「上を向いて歩こう」を全員で歌いたくさんのお捻りが飛び、会場が賑やかになって今年も楽しい敬老祝賀会が行われました。

 祝賀会にお招きした小林憩い会の皆さんは以前行われた総会で囲碁ボールをこの会場で楽しんだことがありました。

 

 室内で行うことが出来る囲碁ボールは、以前に飯田市のスポーツ推進委員が普及に力を注いだものです。参加された皆さんの笑顔を素晴らしく感じました。

 9月26日(月)に小学校5年生の稲刈り作業の応援をしました。子丑会の小学校への水稲栽培への応援は、今年で5年目となります。先ずは、作業の打ち合わせです。

 今年は、昨年よりも栽培面積が増え約2倍になりました。そのため、餅米とうるち米に分けて2枚の田んぼに栽培しました。子どもたちの人数は昨年よりも減ったので、作業量を考えて、前日に餅米を全て子丑会で刈り取り、ハザに掛けました。

 始めの会で、子どもたちの挨拶と紹介がありました。今年は、メンバー8人と学級の保護者の方2名が参加しました。

 今年から始まった農家さんへの作業体験の宿泊を経験した5年生は、稲刈り鎌の扱いも手慣れたもので、もくもくと作業を進めました。長雨が続き田んぼは、沼となっていましたが、手脚は勿論顔や身体中が泥だらけになっても、気にせずに作業をする頼もしい姿を見ることが出来ました。

刈り取ったうるち米は、体育館脇の犬走りに設置したハザにしっかりと掛けることが出来ました。

米が乾燥したら次は、脱穀です。そして、精米してからの餅をついたり食べたりの収穫祭が楽しみになって参りました。

 


新着情報

カテゴリ

月別アーカイブ

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

関連リンク

RSS配信中

携帯アクセス

qrcode